建設業界の現状と将来:2024年に向けた適応とその対策

query_builder 2024/04/21 建設
この記事では、建設業界の現状と課題、ならびに2024年に向けて考えるべき対策について解説します。業界の動向、職種の管理、新しい建築情報など、建設業界に関わる方が理解すべき情報を詳しく学ぶことができます。
株式会社ワンセット
株式会社ワンセット
多岐にわたる建設のサービスを提供し、千葉県からお客様の幅広いニーズにお応えしています。プロジェクトにおいて、建築設計から施工、アフターケアまで一貫したサービスを提供することに力を注いでいます。
株式会社ワンセット
住所:

〒279-0012

千葉県浦安市入船2-1-715

電話番号:
080-5513-2532

1. 建設業界の現状

ここでは、建設業界の現状を把握することから始めます。事実と具体的なデータに基づく現状理解が、将来の課題を解決する第一歩となります。

1.1 業界の概況

建設業界の概況について見ていきましょう。

建設業界は、国内経済において重要な役割を果たしています。建設業界は、道路や橋、建物などの建設プロジェクトを実施し、社会インフラの整備を担当しています。また、不動産開発や再開発事業なども建設業界の一環として進められています。

現在の建設業界の市場規模は、年々拡大しています。人々の生活に欠かせないインフラの需要や、都市化が進む中での建物需要の高まりが主な要因です。さらに、国や自治体による公共事業の推進や、大規模イベントの開催に伴うインフラ整備の需要も増加しています。

ただし、建設業界はさまざまな課題に直面しています。まず一つ目は、労働力不足です。高齢化や少子化により、建設現場での人材確保が難しくなっています。技術者や職人の育成と確保が喫緊の課題となっています。

もう一つの課題は、技術進歩の遅れです。他の産業と比べて、建設業界のテクノロジーは進歩が鈍く、効率化や省エネ化の取り組みが遅れています。新たな技術の導入やデジタル化への取り組みが求められています。

建設業界は、これからもより効率的で持続可能な発展を求められています。技術の進化や新しい建築材料の導入など、革新的な取り組みが必要です。また、人材の確保や育成も重要な課題です。これらの課題に対して、建設業界はしっかりと取り組み、将来の発展に向けた対策を進める必要があります。

1.2 関連業界との連携

建設業界が他の産業とどのように関連しているか、その現状と課題について考えてみましょう。

建設業界は他の産業と密接に関わり合っています。まず、建設業界は材料や機械・設備の供給業者と連携しています。建設プロジェクトには多くの材料が必要であり、建設業者は材料供給業者との協力関係を築くことでスムーズな工事を行っています。また、重機や設備のレンタル業者との連携も重要です。

さらに、建設業界はデザイン業界とも緊密なつながりがあります。建物やインフラの設計はデザインの視点が重要であり、建設業者と建築デザイナーや建築家が協力してプロジェクトを進めています。建築デザインの美しさや機能性は建設業界の価値を高める一翼を担っています。

さらに、建設業界は環境関連の産業とも連携しています。持続可能な建築やエネルギー効率の高い建物の設計・施工が求められており、建設業者は環境技術や再生可能エネルギーを提供する企業と協力して、低炭素社会の実現に貢献しています。

しかしながら、建設業界と他の産業との連携には課題も存在します。一つは、情報の共有やコミュニケーションの円滑化です。建設業界はプロジェクトごとに関係者が異なることが多く、情報の共有が難しい場合があります。ツールやシステムを活用して情報共有を効率化する取り組みが求められています。

また、産業間の協働やコラボレーションの促進も課題の一つです。建設業界は他の産業との連携を深めることで、より良い成果を生み出すことができます。ビジネスパートナーシップの構築や情報交換の場を活用することが重要です。

建設業界は他の産業との連携を通じてより進化していくことが求められています。効果的な連携の強化によって、持続可能な社会の実現や経済の発展に貢献することができます。建設業界は関連産業とのパートナーシップを築きながら、さらなる発展を目指していく必要があるのです。

2. 建設業界の課題と問題点

建設業界が直面する主な課題と問題点について深堀りします。これらの課題理解は、明日への一歩を刻む大事なヒントとなります。

2.1 労働力不足

建設業界が直面している重要な課題の一つが労働力不足です。

近年、建設業界における労働力の確保がますます難しくなっています。その主な要因としては、高齢化や少子化が挙げられます。労働人口の減少が進み、建設現場での適切な人材の確保が困難になっています。

労働力不足は、建設業界に多くの影響を与えています。まず、工期の遅延やプロジェクトの進行に支障が生じることがあります。十分な労働力が確保できなければ、工事の進行が遅れることで納期の遅れや予算の増加が起こる可能性があります。

また、労働力不足は技術の継承にも影響を与えています。建設業界は職人の技術やノウハウを重要視していますが、経験豊富な職人の数が減少している現状です。若手の労働者が十分な技術を習得できず、技術の継承や品質の維持に課題が生じます。

この課題に対して建設業界は、さまざまな取り組みを行っています。まず、若年層への就業魅力の向上が求められています。建設業界のイメージ改善や働き方改革の推進を通じて、若者の就業意欲を高めることが必要です。

さらに、教育体制の充実も重要です。建設業界への就職を希望する若者に対して、技能を身につけるための教育機関や職業訓練の充実が必要です。また、建設業界と教育機関の連携を強化し、若者に実践的な技術を学ぶ機会を提供することも重要です。

労働力不足の問題は建設業界において深刻な課題ですが、業界全体での取り組みにより克服することが可能です。働き手の確保や技術の継承に重点を置いた施策が求められており、若者の就職意欲を高める施策や教育体制の改善が重要な要素となります。建設業界は将来を見据えた取り組みを進めながら、労働力不足の問題に立ち向かっていく必要があります。

2.2 技術進歩の遅れ

建設業界が抱えるもう一つの重要な課題が、技術進歩の遅れです。

建設業界は、他の産業と比べて技術の進化が遅れていると指摘されています。これにはいくつかの理由があります。まず、伝統的な建設方法や慣習の継承が進んでいることが一因です。建設業界は長い歴史と伝統を持ち、これまでの経験からの学びが重視されてきました。そのため、新しい技術や手法の導入には慎重な姿勢を取る傾向があります。

また、建設プロジェクトの特性や規模の大きさも技術の進化を遅らせる要因となっています。建設プロジェクトは複雑で困難なものが多く、安全性や耐久性を確保するために保守的なアプローチが求められます。そのため、安定した技術や手法を重視する傾向があり、新しい技術の導入が遅れることがあります。

しかし、技術進歩の遅れは建設業界にとって深刻な問題です。一つは、効率性の向上が期待されることです。近年の他の産業では、デジタル技術や自動化などの導入により生産性が向上していますが、建設業界ではその恩恵を余り受けていません。より効率的に工事を進めるためにも、新しい技術の導入が不可欠です。

また、環境への配慮や持続可能な社会の実現にも技術の進化が必要です。エネルギー効率の高い建物の設計や再生可能エネルギーの活用など、環境に負荷をかけずに建設活動を行うためには、革新的な技術や取り組みが求められます。

この課題に対して、建設業界は積極的な取り組みを行っています。建設業界団体や研究機関は、新たな技術の開発や導入促進に向けた取り組みを進めています。また、デジタル技術の活用や建設プロセスの見直しによる効率化なども重要な施策です。

建設業界は、技術進化を促進するために、専門知識の活用や産業間の連携を強化する必要があります。新たな技術の導入やデジタル化の推進により、建設業界のパフォーマンス向上と持続可能な発展を実現することが求められています。技術進歩の遅れに立ち向かい、未来へのチャレンジを進めていくことが建設業界の課題解決の鍵となるのです。

3. 2024年の建設業界景観予測

さあ、ここからは2024年の建設業界の動向を予測します。そのための情報や専門家の見解を元に、将来のビジョンを探ります。

3.1 2024年の市場予測

さて、次は2024年の建設業界の市場予測について考えてみましょう。

2024年の建設業界の市場は、さまざまな要素によって左右されるでしょう。まず、国内外の経済状況が大きな影響を与えます。経済の成長や景気回復が進めば、建設需要も増加すると予想されます。また、公共事業や大型イベントなどの予定も市場に与える影響は大きいです。

さらに、社会の構造変化も市場予測に影響を与えます。社会の高齢化や人口減少は、住宅や介護施設、福祉施設など、特定の分野の需要が高まる可能性があります。また、地域の再開発や都市計画の推進に伴い、都市部での建築需要が増える可能性もあります。

さらに、建設技術や環境への意識の高まりも2024年の市場予測に影響を与えます。持続可能な建築やエネルギー効率の高い建物への需要が増えることが予想されます。また、新たな技術の導入やデジタル化への取り組みも市場予測に重要な要素となります。

ただし、2024年の市場予測には不確実性も存在します。政治的、経済的な状況の変化や自然災害など、予測の範囲外の要因が市場に与える影響は予想困難です。そのため、市場参加者は常に状況の変化に対応する柔軟性と対策の準備を持っておく必要があります。

2024年の建設業界の市場予測は、さまざまな要素によって左右されるものです。経済状況や社会の変化、技術の進化など、多くの要素を考慮して予測を行う必要があります。建設業界の関係者は市場予測を参考にしながら、将来への戦略を練り、業界の発展に向けて取り組んでいくことが求められます。

3.2 新たな技術の導入

2024年の建設業界において、新たな技術の導入が注目されます。建設業界は、効率的で持続可能な発展を目指すために、新しい技術の活用が不可欠です。

まず、建設業界におけるデジタル技術の導入が進んでいます。建築設計や施工管理などの分野では、BIM(Building Information Modeling)やCAD(Computer-Aided Design)などの技術がすでに広く活用されています。これらの技術によって、ビルや道路などの構築物の3Dモデル化やシミュレーションが可能になり、設計の精度や効率が向上しています。今後はさらに先進的なデジタル技術の導入が進み、建設プロセスの最適化や建物の運用管理の改善が期待されます。

また、建設業界では持続可能性に配慮した技術の導入も進んでいます。省エネルギー設備や再生可能エネルギーの利用、エコマテリアルの導入など、環境にやさしい技術の採用が広がっています。これによって、建物のエネルギー効率の向上や環境負荷の削減が図られます。さらに、持続可能な建築や再生可能エネルギー技術の進化が進めば、建設業界が低炭素社会の実現に貢献することが期待されます。

さらに、建設業界では人工知能(AI)やロボティクスのような先進技術の導入も進んでいます。AIを活用した建物の運用管理や施工プロセスの最適化、ロボットによる重労働の代替など、労力や時間の削減が図られます。これによって、効率性の向上だけでなく、作業の安全性の向上や生産性の向上も期待されます。

建設業界における新たな技術の導入は、より効率的で持続可能な発展に向けた重要な要素です。デジタル技術や持続可能な技術、AIやロボティクスなどの先進技術の導入によって、建築プロセスの最適化や環境負荷の削減が可能となります。建設業界は、これらの新しい技術を積極的に導入し、業界全体を革新していくことが求められます。

4. 建設業種の管理について

管理とは、効率的な業務遂行と成果の最大化を実現するための重要な要素です。この章では、建設業界における職種の管理に焦点を当てて詳しい説明を行います。

4.1 プロジェクト管理の最適化

建設業界において、プロジェクト管理の最適化が求められています。

プロジェクト管理は、建設業界における効率的な業務遂行と成果の最大化を実現するための重要な要素です。適切なプロジェクト管理は、工期の短縮やコスト削減、品質向上などの目標達成に大きく寄与します。

まず、プロジェクト管理の最適化には、計画・スケジュール管理の重要性があります。プロジェクトの目標や要件を明確にし、適切なスケジュールを策定することで、工事の進行状況を把握しやすくなります。また、リスクの予測や防止策の策定、リソースの適切な配置なども重要な要素です。

さらに、コミュニケーションの強化もプロジェクト管理の最適化に不可欠です。建設プロジェクトは多くの関係者が関与するため、情報共有やコラボレーションがスムーズに行われることが重要です。適切なコミュニケーション手法やツールを活用し、関係者間の情報共有や意思の統一を図ることが求められます。

また、品質管理や安全管理もプロジェクト管理の一環として重要です。建設現場では安全上のリスクが潜んでいるため、事故やトラブルの発生を防ぐための適切な管理が必要です。また、品質の確保や検査・評価の実施も重要な役割を果たします。こうした管理活動を効果的に実施することで、工事の品質向上や安全性の確保が実現されます。

プロジェクト管理の最適化には、専門的な知識やスキルが求められます。プロジェクトマネージャーや管理職は、プロジェクト全体を総括し、適切な管理手法やツールを活用して業務を進める役割を果たします。また、現場の労働者や作業員にも適切な指示やコーディネーションが求められます。

建設業界では、プロジェクト管理の最適化を通じて、効率的な業務遂行と成果の最大化を目指すことが求められています。計画・スケジュール管理、コミュニケーションの強化、品質管理や安全管理など、各要素を総合的に考えながらプロジェクト管理を推進していくことが重要です。

4.2 労働力の管理・研修

建設業界における労働力の管理と研修は、効果的な業務遂行と人材育成のために不可欠です。

まず、労働力の管理では、適切な人材の確保と配置が重要です。労働力不足が顕在化している中で、優れた人材を採用し、適切な部署やプロジェクトへの配置を行うことが求められます。人材のスキルや経験を適切に評価し、能力を最大限に発揮できるようなチーム編成が重要です。

また、労働力の研修も重要な要素です。建設業界では、技術や安全に関する知識やスキルを持つ労働者を育成することが求められます。研修プログラムの充実や実践的なトレーニングの提供を通じて、労働者の能力向上や職業意識の高揚を図る必要があります。その他にも、リーダーシップやコミュニケーションスキルなど、経営者や管理職の研修も重要です。

労働力の管理と研修には、各種制度や施策の導入が有効です。例えば、評価制度の導入による成果主義の促進や、キャリアマネジメントの充実による労働者の成長支援などが考えられます。また、働き手の声を聞く機会を設けたり、働き方改革を進めることによって働きやすい環境づくりを行うことも重要です。

建設業界は、労働力の管理と研修を通じて、効率的な業務遂行と人材育成を実現する必要があります。適切な人材の確保と配置、研修の充実、労働者の意欲向上や働きやすい環境の整備など、様々な取り組みが求められます。労働力の能力向上や職場環境の改善を進めながら、人材育成と組織の発展を両立させることが建設業界の課題解決の鍵となるのです。

5. 建築情報の最新動向

建築技術や材料、デザインのトレンドは建設業界の進化を左右します。ここでその最新の動向について詳しく見ていきましょう。

5.1 建築の新技術

建築業界において、新しい技術の導入が進んでいます。

建築の新技術は、建物の性能向上や施工プロセスの効率化を実現するために注目されています。例えば、省エネルギー技術の進化により、建物のエネルギー効率が向上しています。断熱材や高性能な建材の導入によって、冷暖房費の削減や快適な室内環境の確保が可能です。

また、建築デザインや構造技術の革新も建築業界における新技術の一環です。CADやBIMなどのデジタル技術の活用により、建物の設計や施工プロセスが効率化されています。さらに、3Dプリンター技術などの進化により、建物の柔軟な形状や機能の実現が可能となっています。

さらに、建築におけるスマートテクノロジーやIoTの導入も進んでいます。建物内の機器やシステムの自動制御や連携によって、省エネルギー化や快適性の向上が図られています。また、建物のセンサーデータの収集や分析により、保守管理や予防保全が効率的に行われるようになります。

これらの新技術の導入によって、建築業界はより持続可能性の高い建築物の実現を目指しています。省エネルギー化や環境への配慮、デジタル化による効率化などが進み、より快適で持続可能な建築空間が実現されることが期待されています。

建築の新技術は、建物の性能や施工プロセスの向上に大きな貢献をしています。省エネルギー技術やデジタル技術、スマートテクノロジーなど、様々な技術の進化が建築業界を変革し続けています。建築業界は、今後も新たな技術の導入を進めながら、より持続可能な建築物の実現を追求していくことが求められます。

5.2 建築の将来像

建築業界の将来像は、新技術の進化や社会のニーズの変化によって大きく変わります。

まず、持続可能性や環境への配慮がより重要視されることが予想されます。地球温暖化や資源の枯渇などの課題が顕在化している中で、建築業界はエネルギー効率の高い建物や再生可能エネルギーの活用を促進し、低炭素社会の実現に向けてさらなる取り組みを行うことが求められます。

また、デジタル技術の進化により、建築デザインや施工プロセスの変革が進むと予想されます。建物の設計・シミュレーションや建設プロセスのシミュレーション化、さらには建物の運用・管理のデジタル化などが進められ、より効率的な建築プロセスと持続的な建物の実現が可能となります。

さらに、建築業界は社会の多様性への対応も求められるでしょう。高齢者や障がい者に対するバリアフリーな建物の推進や、コミュニティや働き方の変化への柔軟な対応など、社会の多様なニーズに応える建築が求められます。

建築業界の将来像は、より持続可能性の高い建物やデジタル技術の進化、社会の多様性への対応と関連しています。建築業界は、新たな技術の導入や環境への配慮を進めながら、社会のニーズに応えた建物の実現を目指していくことが重要です。持続可能な社会の実現や生活の質の向上に貢献するために、建築業界は常に進化と変革を続ける必要があります。

6. 対策と今後のビジョン

ここまで見てきた建設業界の現状、問題、未来。それらを念頭に、具体的な対策と今後のビジョンについて議論します。

6.1 労働力不足対策

労働力不足は建設業界が直面している深刻な課題ですが、それに対する対策も進められています。

まず、労働力不足対策の一つとして、若者への働き方魅力の向上が重要です。建設業界の魅力を伝える啓発キャンペーンや情報提供の充実、働き方改革の推進などが行われています。また、新しい働き方や労働条件の柔軟化も進められており、若者の就業意欲を高める取り組みが重要です。

さらに、教育体制の充実も労働力不足対策に効果的です。建設業界への就職を希望する若者に対して、技能の習得やキャリア形成のサポートを行う教育機関や職業訓練の充実が必要です。また、学校との連携や職業体験の機会の提供など、若者の就職準備をサポートする取り組みも重要です。

さらに、外国人労働者の活用も労働力不足対策の一つです。技能実習制度や特定技能ビザの導入により、海外からの労働者を受け入れる取り組みが進められています。異文化や言語の壁を乗り越えながら、円滑な受け入れと労働環境の整備が求められます。

労働力不足対策は、単一の解決策ではなく、総合的な施策が求められます。若者への働き方魅力の向上、教育体制の充実、外国人労働者の活用など、様々な取り組みが行われています。建設業界は、これらの取り組みを総合的に展開しながら、労働力不足の解消を目指していく必要があります。

6.2 技術進歩を活用した解決策

技術進歩を活用した解決策も、労働力不足対策の一環として注目されています。

建設業界は、新たな技術の導入やデジタル化の推進によって、労働力不足を補うことが期待されています。例えば、建設現場におけるロボットや自動化機器の活用が挙げられます。これによって、重労働や危険な作業を自動化し、労働者の負担軽減や作業効率の向上を図ることができます。

さらに、建設プロセスのデジタル化やBIM(Building Information Modeling)の活用も労働力不足対策に有効です。デジタル技術によって、設計から施工までのプロセスをシステム化し、効率的かつ正確な作業を実現します。また、BIMによって施工情報の共有や衝突検知、スケジュール管理などが容易になり、効率的な施工プロセスの実現に寄与します。

さらに、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の活用も労働力不足対策に有益です。ARやVRを用いることで、建設作業のシミュレーションやトレーニングを仮想空間で行うことができます。これによって、労働者のスキル向上や安全性の確保が図られます。

技術進歩を活用した解決策は、建設業界における労働力不足を補完し、より効率的で持続可能な発展を実現する鍵となります。ロボットや自動化機器の活用、デジタル技術やBIMの導入、ARやVRの活用などによって、労働力不足による課題を克服し、建設業界の更なる発展を推進していくことが求められます。

7. 職種の紹介

建設業界には様々な職種が存在します。各職種の概要と、その役割や技能について解説します。

7.1 管理職の概要と役割

建設業界における管理職は、業界の発展と組織の成果を担う重要な存在です。

管理職は、建設プロジェクトの成功および企業の成長を目指し、組織内のリーダーシップを発揮します。彼らの役割は多岐にわたりますが、主な役割としては以下のようなものが挙げられます。

まず、プロジェクト全体の管理や計画を担当します。プロジェクトの目標や要件を明確にし、適切なスケジュールと予算を策定する役割が求められます。また、リスク管理や品質管理なども重要な業務です。

さらに、組織内の人材マネジメントも管理職の役割です。優れた人材を採用し、適切な部署やプロジェクトへの配置を行います。その他、目標設定や評価制度の運用、キャリア開発やスキルアップのサポートなど、労働者の成長とモチベーションの向上にも取り組みます。

また、コミュニケーションや調整、問題解決能力も管理職に求められるスキルです。建設プロジェクトでは、多くの関係者との協力や調整が必要です。管理職は、関係者との円滑なコミュニケーションを図りながら、問題を迅速かつ的確に解決する役割を果たします。

建設業界における管理職は、組織やプロジェクトの成功のために重要な役割を果たしています。プロジェクト全体の管理や計画、人材マネジメント、コミュニケーションや調整など、多岐にわたる業務に取り組みながら、組織の成果を最大化するために努力しています。

7.2 技術職の展望

建設業界における技術職は、業界の発展に不可欠な存在です。

技術職は、建設プロジェクトにおける技術的な専門知識やスキルを持ち、設計や施工に関する重要な役割を担っています。彼らは建築構造や施工技術に関する専門的な知識を活かし、建物の安全性や品質の確保に努めます。

将来の展望としては、より高度な技術スキルが求められることが予想されます。建築デザインや構造解析、エネルギー効率の向上、環境負荷の低減など、さまざまな分野での技術の進化が期待されています。技術職は、最新の技術トレンドに対応し、新しい材料や設計手法、施工技術の習得に努める必要があります。

また、デジタル技術の進化も技術職にとって重要な展望です。BIMやCADなどのデジタル技術の活用により、建築設計や施工プロセスが効率化されています。今後は、より高度なデジタル技術やAIの導入が進み、建築分野における技術職の役割やスキルセットも変化していくものと予想されます。

技術職は技術的な専門性を身につけ、さまざまな機会にふさわしいスキルと知識を持つ必要があります。建設業界の進化や技術の発展に対応するために、常に学び続け、新たな技術に取り組む意欲が求められます。技術職の存在は、建設業界の発展に欠かせない要素となります。

8. まとめ

この記事の最後に、これまでの議論を総括し、読者へ向けて結論を述べます。

8.1 建設業界の未来への期待

建設業界の未来への期待は大きいです。

建設業界は、持続可能な社会の実現や経済の発展において重要な役割を果たしています。労働力不足や技術の進化という課題を乗り越えながら、新たな建築技術や持続可能な建物の実現に向けた取り組みが進められています。

将来に期待されるのは、より効率的で革新的な建築手法や材料の開発、デジタル技術の活用、持続可能なエネルギーの導入などです。加えて、社会の多様性への配慮や地域の活性化を促す建設プロジェクトへの取り組みも重要です。

建設業界は、持続可能な社会の実現や人々の生活の質を向上させるために欠かせない存在です。技術の進化や新たな価値の創造を通じて、より良い未来を築いていくことが期待されています。建設業界は、社会の変化に対応しながら、持続可能性と革新性を追求し続けることで、未来に向けた期待に応えることができるのです。

8.2 読者へのメッセージ

読者の皆さんへ、建設業界に対するメッセージをお伝えします。

建設業界は、社会の基盤を支える重要な役割を果たしています。私たちの生活に欠かせない建物やインフラの整備に取り組んでいます。労働力不足や技術の進化といった課題に直面しながらも、持続可能な発展を目指し、新たな価値を創造しています。

建設業界への意欲や関心を持つ皆さんには、その魅力や可能性を感じていただきたいと思います。建設の世界は多様でやりがいのある分野です。技術やデザインの進化、環境への配慮など、さまざまなスキルや価値観が求められます。

建設業界の未来を担う皆さんには、ぜひ建設業界への参加を検討していただきたいと思います。新たな技術やアイデアの導入、社会の変化に柔軟に対応する能力を持った人材が必要とされています。あなたの才能や情熱が、建設業界の発展に貢献することができるでしょう。

未来の建設業界には、持続可能性、技術革新、多様性といった価値が重要です。私たちが共に取り組むことで、より良い社会の実現に向けた貢献を果たすことができます。建設業界への参加を検討している皆さんに、ぜひその可能性に向けて一歩踏み出していただきたいと願っています。

株式会社ワンセット
株式会社ワンセット
多岐にわたる建設のサービスを提供し、千葉県からお客様の幅広いニーズにお応えしています。プロジェクトにおいて、建築設計から施工、アフターケアまで一貫したサービスを提供することに力を注いでいます。
株式会社ワンセット

〒279-0012

千葉県浦安市入船2-1-715