建設業経理士とは?試験から転職まで徹底ガイド

query_builder 2024/04/17 建設
建設業経理士とは何か、どのような試験で、どんなメリットがあるのか、またどう活用できるのか業界の最新情報を提供します。この記事では、それぞれのポイントについて詳しく解説し、あなたが成功を掴むことをサポートします。
株式会社ワンセット
株式会社ワンセット
多岐にわたる建設のサービスを提供し、千葉県からお客様の幅広いニーズにお応えしています。プロジェクトにおいて、建築設計から施工、アフターケアまで一貫したサービスを提供することに力を注いでいます。
株式会社ワンセット
住所:

〒279-0012

千葉県浦安市入船2-1-715

電話番号:
080-5513-2532

建設業経理士とは

建設業経理士の定義と役割について解説します。

資格の定義

建設業経理士の資格は、建設業界に特化した経理の専門家として活動するための資格です。建設業界では、工事の受注から完成までの経理業務や会計監査などが必要とされますが、一般的な経理の知識だけでは対応しきれない専門性が求められます。そのため、建設業経理士は建設業界に特化した経理のプロフェッショナルとして、高度な知識と技術を持って業務に取り組みます。

この資格は、建設業界で働く経理士や簿記専門の会計士とは異なります。建設業経理士は、建設業界に特化した経理のスキルを有しており、建設プロジェクトの特性や課題に即した経理業務を遂行することが求められます。例えば、受注業務や見積書の作成、原価管理、工事現場の経費精算など、建設業界に特有の経理業務に精通しています。

また、建設業経理士の役割は単に経理業務の遂行だけではありません。会計監査や財務管理の領域にも関わることがあります。建設プロジェクトの財務状況の把握や、予算管理、業績分析なども担当することがあります。建設業界は中でも資金の流れが大きい為、的確な経理管理が欠かせません。そのため、建設業経理士は高い専門知識と経験を持ち、建設業界の厳しい要件を遵守しながら、経理業務を遂行します。

建設業経理士の資格は、建設業界で働く人々にとって重要な資格です。建設プロジェクトの経理業務や財務管理に精通し、業界でのキャリアアップや専門性の高い仕事を希望する方にとっては、必要不可欠な資格といえるでしょう。建設業界の経理業務に興味があり、専門性のある経理士を目指すならば、建設業経理士の取得を検討してみることをおすすめします。

建設業経理士の役割

建設業経理士の役割は、建設プロジェクトにおける経理業務や会計監査に関わることです。具体的には、工事の受注から完成までの経理業務を担当します。これには、受注業務や見積書の作成、原価管理、工事現場の経費精算などが含まれます。

受注業務では、建設プロジェクトへの受注に関わる経理業務を担当します。これには、見積書の作成や受注金額の計算、契約書の作成などがあります。建設プロジェクトの受注は複雑であり、正確な経理処理が求められます。建設業経理士は、契約条件や価格の見直し、受注金額の適正な管理などを行い、プロジェクトの成功に貢献します。

また、建設プロジェクトの原価管理も建設業経理士の重要な役割です。原価管理では、建設プロジェクトの費用の収支を管理し、適切な予算運用を行います。具体的には、材料費や人件費の管理、請求書の処理、経費の精算などを行います。これにより、建設プロジェクトのコスト効率の向上や予算超過の防止に貢献します。

さらに、建設業経理士は会計監査にも関与します。会計監査では、建設プロジェクトの財務状況を精査し、業績の適正性や法令順守の確認を行います。会計監査には、内部監査と外部監査があります。内部監査では、自社での業務の監査を行い、業務の透明性や経営の合理性を確保します。外部監査では、外部の専門家が会社の財務状況を監査し、信頼性の向上や法的な要件の遵守を図ります。

建設業経理士の役割は、建設業界において経理業務や会計監査に関わることです。高い専門知識や技術を持ちながら、建設プロジェクトの受注業務や原価管理、会計監査などを遂行することで、建設業界の経営の合理性や予算管理の向上を支援します。建設業経理士の存在は、建設プロジェクトの透明性や経理業務の適正性を保証し、業界の発展に寄与する重要な役割を果たしています。

試験制度と合格率

資格を取得するためにはどのような試験が存在するのか、また合格率はどの程度なのかについて説明します。

試験について

建設業経理士の試験には、初級と中級の2つのレベルが存在します。試験は一般的な簿記の試験とは異なり、特に受験資格は設けられていません。つまり、誰でも受験することができます。

初級の試験は、建設業界における基本的な経理知識を問われるものです。経理の基礎的な知識や簿記の理解が必要となります。試験は複数選択式の問題形式で行われ、合格基準は一般的に比較的高いです。初級の試験合格者数は多く、一般的な経理業務に従事するための基礎知識を持った人々が合格しています。

一方、中級の試験は初級よりも高度な経理知識が求められる試験です。高度な簿記の知識や建設業界における特殊な経理処理に関する理解が必要とされます。試験内容は初級に比べて難易度が高く、合格基準も比較的厳しいです。中級の試験合格者数は初級に比べて少なくなる傾向がありますが、その分専門的な知識を持った人々が合格しています。

建設業経理士の試験は、建設業界に特化した経理の知識や技術を評価するための試験です。試験の合格には簿記の基礎知識だけでなく、建設業界における経理業務に関する知識の習得が必要です。特に中級の試験は高度な知識の理解が求められるため、十分な学習や準備が必要です。試験への申し込み方法や試験対策については、後のセクションで詳しく解説します。

合格率と難易度

建設業経理士の試験の合格率は、初級と中級で異なる傾向があります。初級の試験合格率は一般的に比較的高く、受験者の約半数が合格すると言われています。これは初級の試験が建設業界における経理の基礎知識を問うものであり、一般的な経理業務に必要な知識を持った人々が受験するためです。

一方、中級の試験合格率は初級に比べて低く、一桁パーセンタイルの合格者しか出ないこともあります。これは中級の試験がより高度な経理知識や建設業界における特殊な経理処理に関する知識を問うためです。また、中級の試験にはさらなる実務経験や専門的な知識が求められるため、合格難易度も高いです。

建設業経理士の試験は、受験者の経験や知識のレベルに応じて合格率や難易度が異なります。初級は基礎的な知識の習得が求められるため、比較的多くの人々が合格できます。一方、中級はより高度な知識と実務経験が必要となるため、限られた数の合格者が出る傾向があります。

試験の難易度については、純粋に経理の知識だけでなく、建設業界に特有の業務や法律に関する理解も必要です。建設プロジェクトの特殊な会計処理やリスク管理などに対する知識や理解も必要とされます。建設業経理士の試験を受験する前には、試験範囲や出題傾向を把握し、適切な学習計画を立てることが重要です。また、過去の試験問題を解いたり、対策スクールや教材を利用したりすることで、合格に向けた準備を進めることができます。

資格の取得方法

資格を取得するためには何をすればいいのか、そこで役立つ知識について解説します。

試験への申し込み

建設業経理士の試験への申し込み方法について解説します。試験への申し込みはオンラインで行うことが一般的です。まず、試験を行う団体や機関の公式ウェブサイトを訪れ、申し込み手続きを行います。

申し込み手続きでは、まず試験費用の支払いが必要です。試験費用は一般的に定められた金額があり、受験者は申し込み時にそれを支払う必要があります。支払いは銀行振り込みやクレジットカードなどのオンライン決済によって行われます。詳細な手続きは公式ウェブサイトで確認してください。

次に、試験日程を決定します。試験日程は事前に設定されており、複数の日程から選択することができます。試験を受ける前に自分の都合や予定と調整し、最適な試験日を選びましょう。

最後に、試験場を選択します。建設業経理士の試験は複数の場所で同時に行われることがあります。受験者は自分にとってアクセスしやすい試験場を選ぶことができます。試験場の選択は、交通の便や利便性などを考慮して行いましょう。公式ウェブサイトで試験場の一覧やアクセス情報を確認することができます。

試験への申し込みは、試験費用の支払い、試験日程の選択、試験場の選択の3つのステップで行われます。これらの手続きを丁寧に行い、試験への準備を整えましょう。なお、申し込み締め切りはあらかじめ設定されていることが多いので、申し込み期間に注意して手続きを行ってください。受験の確定後は試験対策に着手し、合格への準備を進めていきましょう。

試験対策

建設業経理士の試験対策についてご説明します。試験に合格するためには、簿記の知識や建設業経理に関する知識をしっかりと身につける必要があります。以下に試験対策のポイントをいくつかご紹介します。

まず、簿記の知識を確認しましょう。建設業経理士の試験では簿記の基礎知識が問われます。勘定科目や仕訳のルール、財務諸表の作成方法などについて十分な理解を得ることが重要です。過去の試験問題を解いたり、簿記の参考書を活用したりすることで、簿記の知識を復習しましょう。

また、建設業経理に関する知識も重要です。試験では建設業界に特有の経理処理や原価管理、契約書の理解などが問われる場合があります。建設業界の仕組みやトレンドについても把握しておくと役立ちます。関連する書籍やウェブサイトを活用して、建設業経理に関する知識を深化させましょう。

試験対策は、教材の選択やスクールの利用も考慮することが重要です。建設業経理士の試験対策のための教材や参考書が市販されています。これらの教材を適切に選び、試験範囲に合わせた学習を進めることが大切です。また、スクールやセミナーに参加して専門的な指導を受けることも有効です。講師の質や授業の進め方、価格などを比較検討して、自分に合ったスクールを選びましょう。

最後に、試験対策は計画的に行うことが大切です。試験の日程や範囲を確認し、自分のスケジュールに組み込むようにしましょう。定期的な学習スケジュールを作成し、徐々に実力をつけていくことが合格への近道です。また、過去の試験問題を解いたり、模擬試験を受けて実力を確認することもおすすめです。

試験対策は時間と努力が必要ですが、しっかりと準備をすることで合格に近づくことができます。簿記の知識や建設業経理に関する知識を習得し、教材やスクールを活用して効果的な学習を行いましょう。計画的な対策を立て、自信を持って臨みましょう。

資格取得のメリット

建設業経理士の資格を取得すると何が変わるのか、どんなメリットがあるのかを解説します。

転職に役立つ

建設業経理士の資格は、転職に役立つことがあります。建設業界では、建設業経理士の専門知識とスキルを求める需要が高まっています。そのため、建設業経理士の資格を持っていることは、建設業界内での転職や昇進への有利な要素となるでしょう。

建設業経理士の資格を持つことによって、建設業界での転職の幅が広がります。建設業界では高度な経理スキルが求められるため、経理の専門性を持った人材が重宝されます。建設業経理士の資格を持つことで、建設会社や建設プロジェクトにおける経理のポジションに応募する際に有利な立場に立つことができます。また、経理業務の経験や知識も活かしながら、新たなキャリアの構築にも挑戦できるでしょう。

さらに、建設業界での昇進にも建設業経理士の資格は役立ちます。建設業界では、経理の専門的なスキルを持っていることが要求される管理職や幹部候補になるための条件の一つとなります。経理の専門性が高く、建設業界における経営や財務の理解を深めることによって、キャリアアップの可能性も広がるでしょう。

また、建設業経理士の資格を持つことで、自身のスキルアップや知識の深化も図ることができます。建設業界に特化した経理の専門性を持つことは、自己成長の一助となるでしょう。経理の知識やスキルをさらに高めることで、仕事の幅が広がり、将来におけるキャリアの可能性も拡げることができます。

建設業経理士の資格は、転職や昇進の際に有利な要素となるだけでなく、自己成長やキャリアアップの一助となることもあります。建設業界において経理の専門性が求められる現代社会において、建設業経理士の資格取得は非常に価値のあるものと言えるでしょう。将来のキャリアの展望を考える方にとって、建設業経理士の取得は有益な選択となるかもしれません。

キャリアアップの一助となる

建設業経理士の資格は、キャリアアップの一助となるでしょう。建設業界において、経理の専門性を持つことは重要であり、建設業経理士の資格を持つことで自身のスキルをさらに高めることができます。

建設業界では、経理の専門知識と実務経験を持つ人材が不足しています。そのため、建設業経理士の資格を持つことで、需要の高いポジションやプロジェクトに参加する機会が増えます。経理の専門スキルを持つことは、仕事の幅を広げ、キャリアの発展につながるでしょう。

さらに、建設業経理士の資格は、経理業務だけでなく、経営やビジネス全体の理解を深めることにも役立ちます。経理業務の一環として、予算管理や業績分析などの財務管理にも関与することがあります。これにより、経営者や管理職とのコミュニケーションがより円滑になり、組織内での役割を果たすことができます。

また、建設業経理士の資格を持つことは、将来的なキャリアの可能性を広げることもあります。経理の専門性が高く、建設業界における経営や財務の知識を持っていることは、経営層や管理職候補としてのポジションにも繋がる可能性があります。キャリアアップの選択肢が広がり、自身の成長や目標の達成に向けた道を開拓することができるでしょう。

建設業経理士の資格は、経理の専門スキルを高め、建設業界におけるキャリアアップをサポートする重要な要素となります。経理業務に特化した知識や経験を持ちながら、経営や財務の知識を深化させることで、一層価値のある存在となるでしょう。建設業界におけるキャリアパスを考える方にとって、建設業経理士の資格を取得することは有益な選択となるかもしれません。

ネットでの情報収集

ネットを活用して、建設業経理士について得る情報、スクール選びなどについて解説します。

スクール選びのポイント

建設業経理士の試験対策において、スクールの選び方は重要なポイントです。試験の範囲をカバーした効果的な学習をするために、以下のポイントを考慮してスクールを選びましょう。

まず、スクールの講師の質は重要な要素の一つです。建設業経理士の試験は専門的な知識の習得が求められるため、経験豊富な講師からの指導が有益です。講師の経験や実務の経験、教授法などを確認し、自分に合った指導が受けられるスクールを選びましょう。

次に、スクールの授業の進め方も重要なポイントです。建設業経理士の試験は短期間での学習が求められます。そのため、効率的にカリキュラムを進めるスクールを選ぶことが大切です。授業の進行スピードや内容の濃さ、自習や復習のためのサポートなどを考慮し、自分の学習ペースやニーズに合ったスクールを選びましょう。

また、スクールの価格も選ぶ上での重要な要素です。スクールによって価格設定は異なりますので、自分の予算や経済的な面を考慮して選ぶことが重要です。ただし、最も安いスクールが必ずしも最も良いスクールとは限りません。講師の質や授業の内容も合わせて判断し、コストパフォーマンスを考えた上で適切なスクールを選びましょう。

スクール選びのポイントを押さえることによって、建設業経理士の試験対策を効果的に進めることができます。講師の質や授業の進め方、価格などを比較検討し、自分に合ったスクールを選ぶことが重要です。スクールによるきめ細かなサポートや効果的な学習方法を活用して、試験への準備を充実させましょう。

試験対策サイト

建設業経理士の試験対策には、試験対策サイトの活用も有益です。試験対策サイトは、過去の試験問題や予想問題、解説などを提供してくれます。

試験対策サイトでは、過去の試験問題を解くことができます。過去の問題は、実際の試験の出題傾向や難易度を把握する上で役立ちます。過去問を解くことで、自身の理解度や弱点を把握し、さらなる学習の方向性を見つけることができます。

また、試験対策サイトでは予想問題や模擬試験も提供されます。これらの問題は、試験範囲を網羅していることが多く、試験の実際の難易度に近い形式で出題されます。予想問題や模擬試験を解くことで、試験本番に近い状況での演習や実力の確認が可能です。

さらに、試験対策サイトでは解説や解答解説も提供されます。解説を読むことで、問題の解き方や解答のポイントが分かります。詳細な解説を通じて、知識の定着や問題解決能力の向上に役立ちます。

試験対策サイトは、柔軟な学習スタイルに合わせて利用することができます。自分の都合やペースに合わせて問題を解いたり、解説を読んだりすることができます。また、普段の移動時間や空いた時間を活用して学習することも可能です。

試験対策サイトは、建設業経理士の試験対策において貴重なツールです。過去問や予想問題を解くことで、自身の実力を確認し、弱点を克服することができます。また、解説や解答解説を通じて、試験範囲をより理解することができます。試験対策サイトを積極的に活用し、適切な学習を進めましょう。

2級と1級の違い

建設業経理士の2級と1級、それぞれの特徴や違いを解説します。

2級の特徴

建設業経理士の2級には、以下のような特徴があります。まず、2級は初学者に適したレベルといえます。経理の基礎知識や簿記の理解が求められますが、一般的な経理業務に関する基本的な知識を確認することが目的です。

2級の試験範囲は一般的な簿記や経理の知識を中心に構成されています。具体的には、仕訳や勘定科目の理解、財務諸表の作成方法、原価計算などが問われます。これらの内容は建設業界に特化したものではなく、一般的な経理業務において必要とされる基礎知識です。

2級の試験難易度は初級と比べて高めですが、初学者にとっては取り組みやすいレベルといえます。既に経理の基礎知識を持っている方や簿記の学習経験がある方にとっては、しっかりと復習を行いつつ、実務的な問題にも挑戦することができるでしょう。

2級の取得は、建設業経理士としてのスキルを基礎から高める重要なステップです。基本的な経理知識の習得や簿記の理解を深めることで、建設業界での経理業務においてより確かなスキルを身につけることができます。また、2級合格後は1級への挑戦や実務経験を積むことで、さらなるキャリアの発展を目指すことも可能です。

建設業経理士の2級は初学者向けのレベルであり、一般的な簿記や経理の基礎知識を問うものです。試験範囲をしっかりと把握し、基礎的な知識を習得しながら実践的な問題に取り組んでいきましょう。2級の取得は将来のキャリアの基盤を作る第一歩となるでしょう。

1級の特徴

建設業経理士の1級には、以下のような特徴があります。1級は2級に比べて高度な経理知識の理解が求められる試験です。建設業界における特殊な経理処理や高度な実務経験に関する知識が問われます。

1級の試験範囲は2級に比べて広範囲で、より専門的な知識が必要とされます。具体的には、建設業界における原価計算や工事契約の特殊な会計処理、税金の取扱いなどが問われます。これらの内容はより高度な理解と実践力が求められるため、十分な準備が必要です。

1級の試験難易度は高いですが、経験者向けの試験となっています。実務経験を積んできた方や2級を既に取得している方にとっては充実した学習ができるでしょう。1級の取得は、建設業界における経理の専門性を高めると同時に、キャリアアップのための重要な一歩となります。

1級を取得することで、建設業界での経理業務において高度かつ専門的なスキルを持つことができます。高度な経理知識の習得や建設業界の特殊な経理処理に対する理解は、経営層や管理職としてのポジションに繋がる可能性があります。1級の取得後は実務経験を積みながらさらなるキャリアの発展を目指すことができます。

建設業経理士の1級は高度な経理知識と実務経験を求められる試験です。試験範囲の理解と専門的な知識の習得を重視し、経験を積むことでさらなるスキルの向上が期待できます。1級取得は建設業界における経理のスペシャリストとしての地位を確立し、キャリアの発展につながるでしょう。

経理士と一般的な簿記の違い

建設業経理士と一般的な簿記の違いを明確に解説します。

対象業界

建設業経理士の資格は、建設業界に特化した資格となります。つまり、建設業界での経理業務に従事するために必要な知識とスキルを身につけることが主な目的です。

建設業界では、建設プロジェクトや施設の建設、メンテナンスなどが行われます。このような建設に関わる業界では、特有の業務や要件が存在します。そのため、一般的な経理業務だけではなく、建設業界特有の経理処理や財務管理に関する知識を持つ必要があります。

建設業経理士の資格を持つことにより、建設業界内での就職や転職の機会が広がります。建設会社や建設プロジェクトにおける経理業務のポジションに応募する際には、建設業経理士の資格を持っていることが有利となるでしょう。建設業界に特化した経理の専門性を持つことで、建設業界でのキャリアパスを構築することができます。

一方で、建設業経理士の資格は建設業界に特化しているため、他の経理業界での利用は限定的です。一般的な経理業務においては、一般的な簿記の知識や経理の技術が求められます。建設業経理士の資格は、建設業界での経理業務に特化した専門性を持つことを意味します。

対象業界としては、建設業界や建設プロジェクトの関連企業が挙げられます。建設業経理士の資格を持つことで、建設業界における経理業務に従事したり、建設プロジェクトの経費管理や財務監査を担当したりすることができます。建設業界への就職や転職を希望する方にとって、建設業経理士の資格は有益な選択肢となるでしょう。

取得後の進路

建設業経理士の資格を取得した後は、さまざまな進路があります。一つは、建設業界での就職や転職です。建設業界では経理の専門性が求められるため、建設業経理士の資格を持つことは大きなアドバンテージとなります。建設業界における経理業務のポジションに就くことで、専門知識とスキルを活かしながらキャリアを築いていくことができます。

また、建設業経理士の資格は一般的な簿記の知識や経理のスキルも備えているため、他の経理業界への転職も可能です。建設業経理士の資格を持つことで、幅広い経理業務に対応できるスキルを身につけることができます。総合商社や大手企業など、さまざまな業界での経理の専門家として活躍するチャンスもあります。

さらに、建設業経理士の資格を活かして独立・開業する道もあります。建設業界における経理のニーズは高まっており、専門的な知識とスキルを持った経理士の需要も増えています。独立・開業することで、自身のビジネスを展開することも可能です。建設業経理士の資格を持つことで、独自の専門性を持ったサービスを提供し、新たなキャリアの道を切り拓くことができるでしょう。

建設業経理士の資格取得後の進路は多岐にわたります。建設業界での就職や転職、他の経理業界への転職、独立・開業など、自身のビジョンや目標に合わせて進む方向を決めることが重要です。どの進路を選ぶにせよ、建設業経理士の資格は経理の専門性を高め、キャリアの展望を広げるための有力な手段となるでしょう。

まとめ

ここまで解説した建設業経理士の詳細と、そのメリットを再度要約します。

建設業経理士とは

建設業経理士は、建設業界に特化した経理の専門家です。建設プロジェクトの受注から完成までの経理業務や会計監査などに関わります。建設業界における経理の知識とスキルを持ち、高度な専門性を発揮することが求められます。建設業経理士の資格取得により、建設業界での就職や転職、キャリアアップに有利な要素を持ちます。

取得を勧める理由

建設業経理士の資格取得を勧める理由は複数あります。まず、建設業界では経理の専門性が求められるため、建設業経理士の資格を持つことは大きなアドバンテージとなります。専門的な知識とスキルを持つことで、建設業界での就職や転職において競争力を持つことができます。

また、建設業経理士の資格取得はキャリアアップの一助となります。建設業界は経理業務が繁忙となりがちな為、建設業経理士の資格を持つことで今後のキャリアの幅が広がります。経理の専門性を高めることで、管理職や幹部候補としてのポジションにも進むことができます。

さらに、建設業経理士の資格取得は自身のスキルアップや知識の深化にもつながります。試験の準備過程で、経理や簿記の基礎から高度な経理知識までを網羅的に学ぶことができます。また、実際の建設業界での経理業務に携わることで経験を積むこともできます。これにより、自身のスキルセットを豊かにし、キャリアアップや将来への展望を広げることができます。

さらに、建設業経理士の資格は需要が高まっています。建設業界では経理の専門知識と実務経験を持った人材へのニーズが高まっており、求人市場でも需要が増えています。建設業経理士の資格取得によって、業界でのキャリアアップや専門性の高い仕事を得るチャンスを得ることができるでしょう。

建設業経理士の資格取得は、建設業界での競争力を高め、キャリアの発展を促す重要な要素となります。専門知識とスキルを身につけ、自身の成長と目標達成に向けて挑戦してみてください。建設業経理士の資格は将来のキャリアにおいて有益な選択となることでしょう。

株式会社ワンセット
株式会社ワンセット
多岐にわたる建設のサービスを提供し、千葉県からお客様の幅広いニーズにお応えしています。プロジェクトにおいて、建築設計から施工、アフターケアまで一貫したサービスを提供することに力を注いでいます。
株式会社ワンセット

〒279-0012

千葉県浦安市入船2-1-715